社会福祉法人・学校法人 イエス団


















社会福祉法人・学校法人イエス団
本部事務局

  〒651-0076
  神戸市中央区吾妻通5-2-20

TEL:078-221-9565 
FAX:078-221-9566 
honbu@jesusband.jp 




■京都ブロック
1 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育園 午睡時、他児に身体を触られた、とのこと。その場にいた職員は気付かず。本児より保護者がその内容を聞いた。どのような体勢で午睡時、見守っているのか、また、気付ける体制が取れるようにして欲しいと要請あり。 その場にいた職員から謝罪(お互いふざけていたと思い込んでいた)。午睡をするホールが暗さを留意し、職員二人体制の中、さらに協力して子どもとを見守るようにした。後日、園長からも謝罪。
受付日 2016年4月15日
申入者 幼児保護者
分類 苦情
2 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育園 食事用のエプロンが帰ってこない。お友だちと同じ柄のエプロンが入っていた。 同じ柄を使用している保護者へ連絡し、入れ違い判明。お互いの保護者へ謝罪。再度、衣類の名前確認と記入を行う。
受付日 2016年4月28日
申入者 乳児保護者
分類 確認
3 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育園 本児の服が紛失。本人に尋ねると他児が隠した、とのこと。本児が「返して」と訴えても、他児は「捨てた」と言い、返してくれなく泣いている。服があるか確認して欲しい。 服があるが確認する。服を発見し、保護者へ電話連絡する。保護者へ、翌日事実確認すること伝える。本人同士で話し、解決する。保護者に、この経緯を報告。今後見守っていくことを伝える。
受付日 2016年5月
申入者 乳児保護者
分類 確認
4 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育園 遠足からの帰宅時、お弁当箱の蓋が割れていた。職員からの伝達がなかったので、どのように割れたのか知りたい。 情報を確認する為に折り返し電話する事に。 職員へ確認すると、お弁当箱の袋がほどけかけていたため、職員が手渡す際に落としてしまった、とのこと。その時確認したが、割れている事に気付けていなかった。 その旨を保護者へ報告し、謝罪。今後、お弁当箱を落とさないよう注意すると共に、連絡も必ずするようにした。
受付日 2016年5月13日
申入者 幼児保護者
分類 確認・苦情
5 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育園 帰宅途中に左手ひとさし指が腫れていた。朝、ソファーでこけたからなのか、どうなのか。翌日通院すると、虫さされ(毛虫)だった。 本児が朝に他クラス担任に指が痛いと訴えあったが、腫れなど無く、大丈夫と判断。担任へも報告しなかった。夕方も腫れには気付けず。保護者へ職員同士の連携が出来ていなかった事と気付けなかった事への謝罪を行った。
受付日 2016年5月16日
申入者 乳児保護者
分類 ケガ
6 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育園 帰宅後、紙パンツがおしっこでボトボトだった。いつ、おむつ交換しているか、知りたい。 本児の排尿タイミング、ためている時間、尿間隔を保護者へ伝える。同時に、夕方の担任以外の職員にも5時半以降の排泄の確認を再度お願いする。
受付日 2016年5月23日
申入者 乳児保護者
分類 確認・苦情
7 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育園 園お迎え時、明らかに本児の顔がおかしく。帰宅後検温すると39度あり。本児いわく、昼頃からしんどく、担任にも伝えた、とのこと。(翌日、本児は担任に言っていなかった、と判明)担任は本児の体調不良に気付かなかったのか?把握していたのか?本児の様子等を尋ねられた。 情報を確認する為に折り返し電話する事に。担任とは連絡取れず。他職員に尋ねたが、特にしんどそうな様子は見られなかった、と。気付いていなかった、と。保護者へ連絡。この旨を報告し謝罪する。今後益々暑くなるので、より一層子ども一人ひとりの体調に配慮する、と伝える。職員同士でも情報共有し確認しあう。
受付日 2016年6月21日
申入者 乳児保護者
分類 確認・苦情
8 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育園 帰宅後、うでにかみつきの痕があった。本児に確認すると、他児にかまれた、と。職員からの報告がなかった。 保護者へ謝罪。今後、注意して見守るようにすると伝えた。
受付日 2016年8月1日
申入者 保護者
分類 かみつき
9 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育園 タオルケットが無い、と週明けに保護者よりお話あり。 保護者へ謝罪。タオルケットを探していると、他児が間違って持ち帰っていたことが判明。再度状況説明行い、謝罪。無いと気付いた時に、早目の対応するよう職員へ周知。
受付日 2016年8月19日
申入者 幼児保護者
分類 寝具紛失
10 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育園 週末の布団持ち帰り、掛け布団のカバーのみで、中身が無い、と。本児は、職員が把握している、と保護者へ伝える。どうなっているか教えて欲しい、と。 土曜日出勤職員に事実確認する。布団は見つかり。カバーが汚れ、外したが、布団に本児の名前が無く。布団へも本児の名前を記入し、保護者へ謝罪行う。
受付日 2016年8月29日
申入者 幼児保護者
分類 寝具紛失
11 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育園 前日、お友達同士でトラブル。本児は母へ帰宅後そのことを話す。本児の中で解決できておらず、もう一度子ども同士で話しを持つ時間を持って欲しい。 職員はお友達同士のトラブルがあった事を把握できておらず。謝罪行う。後日、子ども同士でトラブルの話しを行い、お互い謝り合う。このやり取りを母へも報告。担任間で共有し、小さなトラブルも気付いていく配慮や配置を話し合う。
受付日 2016年9月15日
申入者 幼児保護者
分類 確認
12 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育園 他児が叩いたりするので、保育園へ行きたくない、と本児が言う。最近の様子を教えて欲しい、と。 本児の保育園での様子と他児の関係や様子を伝える。本児と他児との関わりを注意し、見守っていくことを伝える。また、保護者へも伝えていく事に。
受付日 2016年9月15日
申入者 幼児保護者
分類 確認
13 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育園 帰宅時、様子がおかしい(身体が熱い)と気付き、検温すると38.5度の発熱。本児は日中、しんどいことを職員へ伝えたが、測ってもらえなかった、と言っている。 その時の本児の様子や帰宅してからの様子を丁重に尋ね、謝罪する。午睡が無くなったことで、子どもも疲れやすくなるので、注視していくことを伝える。
受付日 2016年10月1日
申入者 幼児保護者
分類 確認・苦情
14 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育園 地域清掃している女性が、園児から「ババー」と冷やかしを言われた、と。 謝罪を行う。子どもたちへもお話しし注意を行った。
受付日 2016年11月21日
申入者 地域住民
分類 苦情
15 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育園 1週間ほど前から、手拭タオルが紛失している。何処かに無いか、尋ねられた。 園内を探すと共に、各部署にも呼びかけるが見つからず。その後、貼り出しで他保護者へも呼びかけを行った。結果、タオル見つからず。保護者は、本児も何処かでなくしたのかも、と。
受付日 2016年12月1日
申入者 幼児保護者
分類 タオル紛失
16 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育園 本児が他児のおもちゃを壊してしまった。謝るよう促すが本児は聞き入れず。場所を帰るために、腕を持ち廊下へ。落ち着いて話しができたが、帰宅してから腕が痛い、と母へ訴え。翌日、本児の様子を見てほしい、と。 本児が抱いているかもしれない不満などを、もう一度話し合った。職員の対応の仕方に問題があった事を本児と保護者へ謝罪。担任で無い職員が対応した事もあり。対応に困った時は、他職員と協力する事も確認。
受付日 2017年2月20日
申入者 幼児保護者
分類 職員の対応
17 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育園 本児がお友だちにパンチされた、と母へお話し。どのような事があったのか解決して欲しい。 謝罪を行い、子どもたちとお話しを行う。本児に確認すると「パンチ」ではなく、遊ぶ場所を譲ってもらえなく、体を倒した、とのこと。自分の気持ちを言葉で伝える事、相手の話しを良く聞く事を伝え、お互いに謝る。再度保護者へ説明し謝罪。この出来事を担任間で共有。
受付日 2017年2月21日
申入者 幼児保護者
分類 苦情



ページの最初に戻る

■四国ブロック
1 申し入れ内容 対応及び改善
施設 特養(香川県) ショートステイ利用後に下着が汚れたままだった。 家族と本人に謝罪した。また、今後の介護方針の見直しと介助方法の統一を行った。(解決済み)
受付日 2014年12月
申入者 利用者の家族
分類 サービス内容
2 申し入れ内容 対応及び改善
施設 特養(香川県) 入所選考に対する不信感を述べた投書があった。 入所を決める委員会に第三者(民生委員)を入れ、地域会議でそのことを周知した。(継続中)
受付日 2015年3月
申入者 匿名
分類 管理運営
3 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育園(徳島県) 担任保育士の口調が厳しく、子どもが気にしている。 保護者へ謝罪。当該職員に対しては言葉遣いについて注意するよう指導。全職員に対して再度自分の言葉の遣い方を吟味するように周知した。
受付日 2014年5月
申入者 母親
分類 サービス内容
4 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育園(香川県) クラス部屋内に落ちていたピンが靴の中に入れられていた。使用する前に大事に至らなかったが、今後の安全のために危険性を子どたちに周知してほしいとのこと。 保護者への謝罪とともに、クラスの子どもたちと危険性について話し合い、いたずらでも絶対にしてはいけないと伝えていく。また職員間でも報告し合い、他のクラスでも注意していく。
受付日 2014年5月下旬
申入者 母親
分類 サービス内容
5 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育所(香川県) 他園からの入所。持ち物についての連絡、職員間の連絡ができていないことがある。ファイルの使用度が少ないなど、前の園とのギャップがあり戸惑うことが多い。 職員会を持ち、報告。職員間の連絡は十分におこない確認していくこと、持ち物の確認を十分していく。ファイルをプリント類配布以外でも使用していく等取り決めをおこない各クラスで統一していく。
受付日 2014年9月下旬
申入者 母親
分類 サービス内容



ページの最初に戻る

■兵庫ブロック
1 申し入れ内容 対応及び改善
施設 高齢者介護施設 「事前にデイサービス利用のカンファレンスの可能な時間の提示を受けたので、予定していたことを変更し、話し合いに参加できるように準備していたにもかかわらず、話し合いが延期となり、迷惑を被った。段取りが悪い。」と指摘があった。 担当者から連絡し、迷惑をかけたことを謝罪。時間的な余裕をみて、利用者家族の価値観も加味しながら、優先順を決定すようにする。
受付日 2014年5月8日
申入者 利用者の家族
分類 連絡調整
2 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育園 棚の上にあった箸箱を他児があやまって落としてしまいケースが割れてしまった。担任が説明したが、「弁償してほしい」と言われた。 担任がその場で弁償するかどうかを判断できなかった為、園長と相談の上伝えることとした。園で弁償するということで伝えたが、気に入ったものが見つからず、保育園にあった見本をみてもらうと、それでいいとのことで使ってもらうこととなった。
受付日 2014年5月16日
申入者 保護者
分類 保育士の対応
3 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育園 迎えに来た時に子どもの体が熱いと感じた。その際、保育士からの報告はなく、そのまま帰宅した。ぐったりした様子だったので、熱を測ると39℃を超えていた。 園長、担任で保護者に謝罪と話し合いの時間をもつ。熱に気づけなかったことを反省し、ひとり一人の子どもとの関わりをもっと密にしていき、体調等に気づけるようにしていく。保護者とのコミュニケーションもしっかり取っていく。
受付日 2014年6月9日
申入者 保護者
分類 保育士の対応
4 申し入れ内容 対応及び改善
施設 高齢者介護施設 ショートステイにおいて、帰宅した際に服薬すべき薬が残っていた。食事量が少なくても飲ませてほしい。 食事を拒まれても薬は必ず勧める。どうしても難しかった場合は必ず家族に状況を報告する、ということで家族の了解を得た。
受付日 2014年6月13日
申入者 利用者の家族
分類 ケアの内容
5 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育園 紙パンツを前後逆にはいていることへの不満 布パンツをお願いしたことなど、園からのお願いが続いていた。保護者の仕事も激務が続き、ストレスになっていた。話し合いを持ち、お互いに理解し合えた。
受付日 2014年6月19日
申入者 保護者
分類 保育士の対応
6 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育園 子どもがクラスの中で何人かの子どもにいじわるをされ、保育園に行くのを嫌がっている。 双方の子どもや保護者と丁寧に話し合いの時間を作り、全てのことが解決したわけではないが、子どもたちの関係性に十分注意を払いながら、今後も互いが認め合える関係づくりができるようにクラス運営をしていく。
受付日 2014年6月24日
申入者 保護者
分類 保育士の対応



ページの最初に戻る

■大阪ブロック
1 申し入れ内容 対応及び改善
施設 特養ホーム 食事の席が狭くて食べづらい。食事の席を考えなおしてもっとゆったりと食べれるようにしてほしい。 現状として、細長いテーブルに4人がけ。それなりの広さはあるが、食事介助者がそのテーブルに2人いるため、その分狭く感じているかもしれないとのことで、4月の会議で話し合い、入所者間の人間関係、食事介助者等を考慮し、全体で席替えを実施。入所者の皆さんには朝のミーティングで事情を説明し、理解を得る。5/13に実施する。申入れ者自身は親しい入所者と一緒のテーブルになり、ゆっくり食事ができると話される。
受付日 2010年3月24日
申入者 入所者
分類 職員の対応
2 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育所 若手保育士の子どもとの対応が、不適切である。 該当職員と話し合い、ベテラン保育士がカバーし、気をつけていく事を伝える。
受付日 2010年6月23日
申入者 保護者
分類 職員の対応
3 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育所 子どもの怪我発生後の対応が不適切だった。 怪我の状況を軽いと判断せづ、必ず保護者に連絡確認するようにすることを伝える。
受付日 2010年9月2日
申入者 保護者
分類 職員の対応
4 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育所 公園に行った時、子どもが犬やバイクに石を投げていたことに職員が気づかず、後で園に電話がかかってきた。 園長が対応し謝罪する。その後、担任が何度か訪問したが不在であった。今後子どもの様子をしっかり把握することを確認した。
受付日 2010年9月21日
申入者 地域住民
分類 職員の対応
5 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育所 同じ0才児が2回続けて引っ掻かれ、ちゃんと見てもらえていないと申し出があった。 職員の勤務体制と、室内環境の見直しを行い、死角を作らないように十分注意する。
受付日 2010年10月5日
申入者 保護者
分類 職員の対応
6 申し入れ内容 対応及び改善
施設 保育所 園内でのケガの説明にくい違いがあり、十分引き継ぎがされていなかった。 保護者には担任から丁寧に説明し納得してもらった。今後ケガの引き継ぎは、今までより丁寧に行っていく。
受付日 2010年12月10日
申入者 保護者
分類 職員の対応



ページの最初に戻る

■その他
・大阪ブロック(乳児院・児童養護施設)へリンク



ページの最初に戻る

 

[ TOP ] [ 賀川豊彦 ] [ 理念 ] [ 沿革 ] [ 法人概要 ] [ 施設一覧 ] [ 苦情解決制度 ] [ プライバシーポリシー ] [ 求人情報 ] [ リンク ]